奇食ハンター

知らない間に『奇食ハンター』の3巻が発売されていました。
(山本マサユキ・講談社ヤンマガKCスペシャル)

日本各地に実在する、風変わりな食べ物を実際に食べてみようというマンガです。
タイトルからするとゲテモノっぽいですが、むしろゲテの類は多くありません。
この3巻に登場するのは、マンボウの刺身、ヤギ汁、レモンラーメン、ブルーベリー寿司など。

食べ物を扱った本やテレビで残念なのは、味もにおいもわからないところ。
見た目と作り方で判断するしかありません。
奇食ハンターでは、絵の面でもデフォルメのきいたキャラクターが話を進めます。
ただ食べ物はリアルに描かれていて、申し訳程度ではありますが、カラーページに写真が掲載されています。

私が食べてみたいと思ったのは、お茶漬けソフトクリーム、ワニ肉のしゃぶしゃぶ、お好みケーキバナナショコラ、BAFUNおにぎりかな。
特にお茶漬けソフトやBAFUNおにぎりなんてネーミングこそ強烈ですが、普通においしいはずだと思います。

これらのメニューが果たしてどんなものかは、本をご覧になってください(笑)。
こちらの公式サイトでは、第1話を読むことができますよ。
[PR]

by keibi-in | 2009-02-20 10:25 | 趣味  

<< 警備を切る前に 闇夜の黒猫 >>