ゲームの楽園

ゲーム好き、特にレトロゲームマニアにはたまらない話をひとつ。

『欧州で文化保存のため、過去のゲームを全て動かせるエミュレータを開発』 (Gpara.com)

一度でもゲームが好きだったことのある人なら、興味をそそられちゃうんじゃないでしょうか。
企画そのものも凄いですが、一番すばらしいのはプロジェクト関係者の次の発言だと思います。

「初期のゲーム機やコンピュータといったハードウェアはすでに博物館でも見られるが、動作しているところを見せなければ、楽器を展示しておいて音楽を聴かせないのと同じ」

どこぞの利権ゴロにも聞かせたい言葉ですなぁ。
個人の歌詞の掲載すら問題にするぐらいなら、最初から世に出さなきゃいいんです。
金庫にでもしまっておけばよろしい。

おっと、話がズレてしまいました。
このプロジェクトでも、ソフトの権利面で問題が起きそうなのが一番の気がかりですね。

昔の非力なゲーム機のソフトでも、名作は名作。
古い名画がDVDになるように、古いゲームも気軽に遊べるようになることを切望します。
昔のハードを完動状態で置いておくなんて、そうそうできることじゃないですもんね。
[PR]

by keibi-in | 2009-02-22 15:23 | 趣味  

<< 警備とっかえひっかえ 警備を切る前に >>