警備員の喫煙事情

警備員の喫煙者率というのは、どのぐらいのものなんでしょうね。
うちの会社では、喫煙者の採用はなるべく避けているようです。
理由としては、以下のようなものが挙げられます。

・ 火の不始末が怖い
・ 制服姿での喫煙は(休憩中であっても)イメージが良くない
・ 勤務中でも我慢できず吸ってしまう者がいる
・ 吸わないと落ち着きがなくなったり、不機嫌になる場合がある


確かに火の不始末などは致命的です。警備員が火事の原因では話になりません。
3番目もクライアントの信用を失いますし、4番はサービス業として問題ありです。
施設警備などでは、タバコ臭い警備員は良い印象を与えないでしょう。

私の同僚にたびたび隠れて吸ってくる人がいますが、においでわかってしまいます。
本人はバレてないつもりでしょうが、喫煙しない人間には吸った人間がわかるもの。
続くようなら会社に黙っておくわけにもいきませんし、どうしたものか困ってます。

真面目に(?)喫煙している警備員には、やはり喫煙場所やタイミングが問題になるようですね。
この際、思い切って禁煙してみてはどうでしょう?

気軽に言ってくれるなって?
んー、でも、郊外とか早朝の警備は空気がおいしいですよ!
あれを味わえないのは、損をしてると思います(笑)。
[PR]

by keibi-in | 2009-03-05 09:22 | 警備  

<< 『低額』給付金 警備員のトイレ事情 >>