コインパーキング荒らしにご注意

コインパーキング荒らしと言えば、これまでは2種類が主流でした。
ひとつは精算機からお金を盗むというもの。
もうひとつは、フラップ式(車体の下にロック用の板が出るタイプ)の駐車場で、駐車料金を踏み倒すというものです。

ところが近頃は、ゲート式の駐車場でも料金の踏み倒しが増えているようです。
ここでは方法は書けませんが、ゲートを不正に開けてしまうんですね。
そういった場合には警備会社が駆けつけますが、到着までにドロンという寸法。

過去にもゲートのバーを折って出庫という事例はありましたが、リスクや車のダメージを考えれば、そう頻繁にできる手段じゃありません。
でも今回のやり口は、人によっては容易にできてしまう可能性があって、それが厄介。

駐車料金の踏み倒しについては、罪の意識が薄いようです。
少額の場合が多くて、相手が機械だからでしょうか。
でもこれは人のお金を盗んでいるのと同じ。
立派な犯罪ですよ!
[PR]

by keibi-in | 2009-03-19 09:24 | 警備  

<< レバー爆弾 相棒いろいろ >>