10年先、20年先

ここしばらくで一番身につまされたニュース。

『南田洋子さん意識混濁で緊急入院』 (nikkansports.com)

ずっと介護を続けてきた長門氏。
だからこそ「とても1人では老老介護はできない」の言葉は重すぎます。
私もそろそろ死ぬことまで視野に入れておかないといけない年代。
自分が年老いたらどうなるんだろう。

健康でいられる自信はないし、面倒を看てくれるパートナーも子供もいない。
いてもそのためのパートナーや子供じゃありません。介護に忙殺なんてさせたくない。
年金はアテにならないし、こんな日本じゃ福祉全体がどうなってることやら。

頼りは貯蓄だけど、警備の仕事はやりがいはあっても、とにかく給料が安い。
とてもじゃないけどお金を貯めてる余裕はありません。今をしのぐだけで精一杯。
いずれ他の仕事に就ける機会があれば、そちらを選択しないといけないかも。
気に入ってる仕事なのに、こんな理由でやめなきゃいけなくなるんだろうか。

色々と落ち込むよなァ……。
こんなときはカラ元気!
カラ元気でも元気、です。
[PR]

by keibi-in | 2009-04-02 14:30 | 近況  

<< 太くて長いアイツ 立哨の大敵 >>