カテゴリ:趣味( 31 )

 

ゴルゴムの仕業ではなく

過去、多くの映像作品に超性能を持つバイクが登場してきました。
有名どころでは仮面ライダーシリーズの各バイクが最たるものですし、
『ワイルド7』のバックできるバイクなんてのもそうです。

警太朗の場合、バイクに乗りたいという気持ちを決定づけられたのは
ビデオアニメ『メガゾーン23』のガーランドという変形バイク(人を乗せたままロボットに
変形できるトンデモバイク。いつもニコニコ現金決済、ローンの類は組まないのがポリシーの
警太朗ですが、これだけは実際に売られたら借金してでも買います)によってでしたが、
それ以前の原体験として『電人ザボーガー』という特撮番組がありました。

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2010-06-15 01:09 | 趣味  

ヱヴァ破

友人に誘われて、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見てきました。(公式サイトはこちら

前作『序』を見たときに、映像は完全新作でも物語がTV版にかなり忠実に沿ったものであったことから、正直今回はあまり期待していませんでした。
テレビをなぞるだけなら、当時ハマって何度か見ているので、もう今さらというか。

……んが! 面白かったです!
今回も物語の大筋はTV版を再構築した形なのですが、まったく異なる部分も出てきました。

その幹となっているのが、主人公・碇シンジとヒロイン・綾波レイの性格描写の違い。
TV版や旧劇場版では、ふたりに限らずほとんどの主要キャラクターが自己の殻に閉じこもりがちだったり排他的だったりで鬱々としていました。

それが今回は多少なりとも前向きに、他人との接触を保とうとする部分が見られます。
(なんとあのシンジの父親ゲンドウにすら、そういう部分が垣間見える!)
結果として、旧劇場版でのシンジに落胆した人の溜飲を下げるクライマックスへ!

つづきを読む!(ネタバレはない……かな)
[PR]

by keibi-in | 2009-08-14 07:18 | 趣味  

仮面ライダーになろう!

自分魂』なるオーダーメイドフィギュアの受注が始まるそうです。
早い話が自分の顔の仮面ライダーフィギュアが作れる、というもので……。
詳細は公式サイトをご覧いただくとして。

いまやこんなものができるんですねぇ。さすがにお高いですが。
私は世代的にちょうどストライクなんです。
仮面ライダーやウルトラマンはフィクションだとなんとなく感じていた冷めたイヤな子供でしたが、それでもやっぱり憧れはありました。

じゃあ注文するのかって?
ハッハッハ、メタボなおっさんに聞くことじゃないですよ!
警備員のフィギュアを買ったことはありますが、自分の姿じゃないから買ったんです。

こんな頭身の高い、モデルみたいな身体に自分の顔がくっついてたら……。
そりゃもう罰ゲームですわ(涙)。
[PR]

by keibi-in | 2009-06-03 14:42 | 趣味  

きのこ狩りの男、スパイダーマン!

『東映版「スパイダーマン」無料配信 米Marvelのサイトで』 (ITmedia News)

まさかこんなことが起きようとは!
だってマーベルコミック直々ですよ? 本家が東映版を配信ですよ?
そう、懐かしの番組企画でしばしばネタにされる、あの巨大ロボットの出るスパイダーマンです!

ちなみに今回のタイトルは、そのスパイダーマンの名乗りのひとつから。
インパクト狙いで一番キワモノっぽいのを選んでしまいましたが、大半は普通に格好いいです。
「地獄からの使者、スパイダーマン!」 

ツッコミどころは色々とあるわけですが、それはあくまで今の目で見ての話。
当時の低予算番組としては出色のできで、スパイダーマン特有の動きに工夫がこらされています。
もちろん今のようにCGでは演出できなかった時代。実際に身体を張ったアクションです。

今ではスーパー戦隊シリーズの十八番となっている「等身大ヒーロー+巨大ロボット」という組み合わせも、実はこのスパイダーマンが元祖。
諸般の事情から、ロボット『レオパルドン』の活躍シーンは非常に限定的なのですが……。

毎週木曜の更新予定で、第1話は既に視聴できます。
無料ですので、是非一度ご覧あれ!(第1話へのリンクはこちら

個人的にはエンディング主題歌が特にオススメであります。
今でもよく聴く曲のひとつだったりして。
[PR]

by keibi-in | 2009-03-11 16:37 | 趣味  

ゲームの楽園

ゲーム好き、特にレトロゲームマニアにはたまらない話をひとつ。

『欧州で文化保存のため、過去のゲームを全て動かせるエミュレータを開発』 (Gpara.com)

一度でもゲームが好きだったことのある人なら、興味をそそられちゃうんじゃないでしょうか。
企画そのものも凄いですが、一番すばらしいのはプロジェクト関係者の次の発言だと思います。

「初期のゲーム機やコンピュータといったハードウェアはすでに博物館でも見られるが、動作しているところを見せなければ、楽器を展示しておいて音楽を聴かせないのと同じ」

どこぞの利権ゴロにも聞かせたい言葉ですなぁ。
個人の歌詞の掲載すら問題にするぐらいなら、最初から世に出さなきゃいいんです。
金庫にでもしまっておけばよろしい。

おっと、話がズレてしまいました。
このプロジェクトでも、ソフトの権利面で問題が起きそうなのが一番の気がかりですね。

昔の非力なゲーム機のソフトでも、名作は名作。
古い名画がDVDになるように、古いゲームも気軽に遊べるようになることを切望します。
昔のハードを完動状態で置いておくなんて、そうそうできることじゃないですもんね。
[PR]

by keibi-in | 2009-02-22 15:23 | 趣味  

奇食ハンター

知らない間に『奇食ハンター』の3巻が発売されていました。
(山本マサユキ・講談社ヤンマガKCスペシャル)

日本各地に実在する、風変わりな食べ物を実際に食べてみようというマンガです。
タイトルからするとゲテモノっぽいですが、むしろゲテの類は多くありません。
この3巻に登場するのは、マンボウの刺身、ヤギ汁、レモンラーメン、ブルーベリー寿司など。

食べ物を扱った本やテレビで残念なのは、味もにおいもわからないところ。
見た目と作り方で判断するしかありません。
奇食ハンターでは、絵の面でもデフォルメのきいたキャラクターが話を進めます。
ただ食べ物はリアルに描かれていて、申し訳程度ではありますが、カラーページに写真が掲載されています。

私が食べてみたいと思ったのは、お茶漬けソフトクリーム、ワニ肉のしゃぶしゃぶ、お好みケーキバナナショコラ、BAFUNおにぎりかな。
特にお茶漬けソフトやBAFUNおにぎりなんてネーミングこそ強烈ですが、普通においしいはずだと思います。

これらのメニューが果たしてどんなものかは、本をご覧になってください(笑)。
こちらの公式サイトでは、第1話を読むことができますよ。
[PR]

by keibi-in | 2009-02-20 10:25 | 趣味  

映画のコミカライズ

映画『感染列島』に興味があるのですが、どうも観に行く時間が作りにくい。
ちょうどそこへコミカライズ(画・柿崎正澄 小学館ビッグコミックススペシャル)を発見したので、買ってきました。

さっくり読了。
いろんな意味で、ものすごく軽かったです。
映画を題材にしている以上、連載期間に制限を受けていたでしょうから、ボリュームに関してはしょうがないのかな。
でも緊迫感まで軽いのはちょっと……。

『リアル・シミュレーション・コミック』という触れ込みですが、はっきり言ってヒューマンドラマです。
それもかなり陳腐な……社会的な側面はほとんど触れられてません。

感染者4000万人、死者1100万人(日本の総人口の約1/10!)という設定のドラマで、どう社会の機能が失われて、それがさらに人々の生活にどう影響してくるかがほとんど描かれてないってのは、どうなんだろうなぁ。

ネタバレへと続きます!
[PR]

by keibi-in | 2009-01-28 17:11 | 趣味  

新型PSP

新型プレイステーションポータブル(PSP-3000)を衝動買いしてしまいました。
今持ってる初代にガタがきてたのと、液晶が新しくなったというので、つい。

初代からの移行だと、結構インパクト大きかったです。
まずサイズがだいぶ小さくなった印象。持ちやすくなりました。
液晶も色味に深みが出ました。従来機の画面の白っぽさがなくなっています。
追従性も上がっているらしいですが、手持ちのソフトでは差は感じませんでした。
今のところ、ドット欠けや常灯は見当たりません。

他にも電源スイッチが軽めで操作しやすくなった、メモリースティックスロットの蓋が扱いやすくなっているなど、細部を煮詰めてあります。
ただ、電源スイッチが逆位置でホールドっていうのはどうなのかな。いつも戻すときに電源を切っちゃわないか心配になります。

パイロットランプの位置も相変わらず。
これはゲームしていると手で隠れてしまって、バッテリー残量を確認しにくくなるので、ぜひ改善して欲しかった。
バッテリー装着部の蓋も開閉しやすくなりましたが、激しいゲームをすると微妙にガタつきますね。
ディスクの挿入口は初代が凝ってて良かったな。ちょっと高級感がありました。

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2008-10-19 02:34 | 趣味  

鉄人28号じゃないよ

アイアンマン」というアメリカンコミックがあります。
日本では知名度が低いですが、早い話がバットマンとかX-MENとか、そういう系統の作品だと思ってください。
その劇場版が今月27日から公開されます。

私も作品の存在を知ってはいても、内容はよく知りませんでした。
「どっかの大金持ちの社長がパワードスーツを作って自ら世直し(道楽?)」ぐらいの認識しかなかったので、映画も見に行くかどうか決めかねていたのですが……。

「『暴れん坊社長』がアーマースーツで悪人退治!
 『アイアンマン』で男の夢が現実となる」 (マイコミジャーナル)


このリンク先を見て、劇場行きを決定しました。
社長へのツッコミが笑えるレビューですが、やっぱみんなそう思うよね。
[PR]

by keibi-in | 2008-09-24 01:01 | 趣味  

備忘録 for Vista その3

前回からずいぶん間があいてしまいましたが、「備忘録 for Vista その2」の続きです。

・一部の実行ファイルが削除できない
Vistaに正式対応していないアプリケーションを実行後、削除しようとするとできないことがあります。
この場合は、時間を置く(最低でも数分以上の単位で)か、再起動すると削除できるようになります。

・大アイコンでファイル名が表示されない
エクスプローラ上で大アイコン表示を使っていると、まれにアイコン下のファイル名が表示されなくなります。
「表示」ボタン右の「詳細オプション」(下向きの三角)ボタンから一旦「特大アイコン」を選び、大アイコンに戻すことで直ります。
「表示」ボタンを押して切り替えるのでは特大アイコンにはならないので注意。

・IE7Proで「ダブルクリックでタブを閉じる」設定がきかない
IE7Proを導入していると、タブへのダブルクリックでタブを閉じる設定にできますが、その設定がきかなくなる場合があります。
IE7を起動したまま一部のアプリケーションを全画面表示すると起きるようで、IE7を再起動すると元に戻ります。

・タスクマネージャを簡単に起動したい
XPでは[Ctrl]+[Alt]+[Delete]で直接呼び出せたタスクマネージャですが、Vistaではその前に一旦選択画面が出てきて意外と面倒。
タスクバーを右クリックしたメニューから呼び出せるようになったので、そちらを使うと便利です。

XPからの引っ越しを手伝っていて遭遇した問題は以上です。
少しでも誰かの役に立つといいのですが……。
[PR]

by keibi-in | 2008-08-22 19:37 | 趣味