<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

「投票はお済みですか?」

「有権者の皆さん、投票はお済みですか?」

午前10時に巡回してきた広報車の台詞です。
昼にもならないうちからそんなこと言われてもなぁ(笑)。

休みだったので、投票に行くつもりではいたんです。
ところが急に仕事が入って、結局お流れに。

どのみち白票のつもりでしたけどね!(苦笑)
[PR]

by keibi-in | 2009-08-31 01:55 | 近況  

カルピス+プロテイン=低カロリー?

昔からカルピス系の飲料が好きでした。
が、今ではやはりカロリーが気になります。
DIETアミノカルピス』等も出ましたが、独特の苦みがいまひとつでした。

ちなみにDIETアミノカルピスは販売終了の模様。
新製品『アミノカルピスZERO』に切り替わっているようです。
なにか変わってるのかな。
これは今度試してみなければ。

で、話を元に戻しますと……。
ゼロカロリー系カルピスに馴染めず、あの味にご無沙汰していたのですが、思わぬところで似た味のものを見つけました。
サントリーの『プロテインウォーター』です。(商品情報はこちら

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-30 01:22 | 飲食  

ボタンをつけよう

警備は現場によっては、かなり身体を使う仕事です。
制服と言っても、作業服みたいなもの。

なので、ボタンが取れてしまうことは間々あります。
ボタン付けを覚えておくと、いざというときに便利。
手順がわかりやすく解説されているのがこちらです。

『ボタンつけ(自分でできる繕い物)』 (lifeOn by LION)

これが正式なやり方のようですが、最初のすくい縫いや最後の玉結びが意外と難しい。
特に玉結びは失敗すると、ボタンが垂れさがったり、またすぐに取れたりしてしまいます。
そこでオススメなのが、こちらで書かれている方法。

『エマージェンシーとしてのボタン付け
 ワンタッチボタン付けの実用度は?』 (日経トレンディネット)


と言っても、注目していただきたいのはワンタッチボタン付けの部分ではありません。
実際、記事中でもワンタッチボタン付けはあくまでオマケの扱い(笑)。
簡単なボタンのつけ方が解説されています。
ボタンの縫い付けまではできる、という方は、3ページ目の後半からご覧いただくと早いでしょう。

なるほど、ボタンを浮かせた部分に糸を通すと玉結びしなくて済むんですね!
この方法で何度か試してみましたが、まったく問題ありませんでした。
ボタン付けがうまくいかないというかたは、ぜひお試しを!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-29 09:39 | 雑感  

尊敬します

我が家にときおり郵便物を届けてくれる配達員さんを尊敬しています。

歳の頃は自分と同じぐらいかな?
ぶっちゃけ、見た目はただのオジサンです。その点も自分と同じ(笑)。
でもこの配達員さん、言動がものすごく丁寧なんです。
最初は丁寧すぎて、違和感を感じたぐらい。

日本郵便になって、マニュアルが変わったせいかと最初は思いました。
実際、他の配達員さんも、以前に比べればずっと感じは良くなりました。
でもやっぱり、この配達員さんはスペシャル!

「~~様でいらっしゃいますか」
「~~でございます」
「どうぞ、お受け取りください」
等、まず文言が丁寧。
ここまでの言い回しをする人は、接客業全体で見ても多くありません。

置いてあるものの上を越えて渡すときは「上から失礼いたします」
郵便物は必ず相手に正対して、両手で渡します。
最後にお辞儀を深々と。
書留のように印鑑の必要なものだけでなく、速達でも変わりません。

気が向いた日だけなら、誰でもできるかもしれない。
でもこの配達員さんがうちにいらしたときは、決まってこんな感じです。
毎日何十軒とまわっては、同じことをされているはず。

それがちょっとやそっとのことではないのは、自分の仕事に置き換えてもわかります。
すべてのお客様に、変わらない笑顔で挨拶し続けることさえ、決して簡単ではありません。
それを相手と一対一という、印象に残る状況でするのですから、なおさらです。

この配達員さんが郵便を持ってきてくれると、その日は気分よく過ごせます。
なんとかこの配達員さんのお仕事に報いられたらいいのですが……。
なにもできることがないんですよね。いい仕事をされていると思うだけに、歯痒いです。

同じサービス業の人間として、せめて、尊敬させてください。
自分もお客様にこんな印象を持ってもらえる警備員になりたい!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-28 05:09 | 雑感  

トイレのイタズラと空き巣の後継者

施設警備の業務のひとつにトイレの巡回があります。
こんなことが起きると、便座までチェックしないといけないのかと思えますね。

『ショッピングセンターのトイレ便座に接着剤 紳士に災難』 (exciteニュース)

トイレの巡回はただでさえあまり気の進まない仕事です。
女子トイレに入るときは気を遣いますし、公衆トイレって無茶な使い方をする人が多いですから。
便座チェックなんて正直勘弁デス……。

トホホなニュースをもうひとつ。
便座は被害者がトホホですが、こちらは犯人がトホホ。

『空き巣:「プロ」が手口伝授、師弟で30件 2人とも逮捕』 (毎日jp)

40年も服役して、改心するどころか後継者指南とは。
いーかげんにしてくださいっ!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-27 01:43 | 雑感  

悔いのない選択を

間もなく衆議院選挙の投票日。
私が選挙のたびに笑ってしまうのは、どの候補者も「いい国にします!」と喧伝することです。
「国を駄目にします!」なんて公約する人は一人としていません。
彼らの言葉が額面通りなら、誰に投票してもいい国になるはず。
ところが、実際の政治はそうはなりません(苦笑)。

結局、どういう国にしたいかなんて言うのは、誰にとっても意外と差がないのでしょう。
肝心なのは、そのためにどういう政策を取るかということ。

そして公約だけを見ても意味はありません。
代償なしにいいことができるなら、とっくに誰かがやっているはず。
甘い言葉の裏には、引き換えに不利な方策もあると疑ったほうがいいでしょう。

それが本人たちの口から語られることは、まずありません。
せっかくネット環境があるのですから、公約だけでなく、色んな情報をチェックしてください。
嫌いな政党や候補者の言うことを聞いてみるのは効果的です。
信じていた党の思わぬ落とし穴が見つかったりするかもしれません。

調べれば調べるほど、どこにも投票できないジレンマを抱える可能性はあります(笑)。
それでも、訳も分からず変なところに投票してしまうよりはマシ。
日本の今後数年、あるいはもっと先々までを決めてしまう選挙。
誰に票を投じるにしても、悔いを残さずに済むようにしましょう!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-26 01:23 | 雑感  

扇風機の季節

なんとも今年の気候は奇妙ですね。
やたらと梅雨が長かったと思えば、まだ9月にもなってないのにかなり秋っぽい。
特に朝晩はエアコンが必要なくなってます。

こうなると扇風機が再活躍してくれますが、我が家のはもう何年使ったか忘れたぐらいの骨董品。
首振りが止められなくなってたり、異音がすることもあります。
やっぱり買い替えないとまずいかなーと思っていたところ、こんな記事を見つけました。

『いま改めて知りたい、「扇風機」の選び方・使い方』 (Excite Bit コネタ)

「『省エネ』と書かれてるものは(中略)メーカーさんが勝手に貼っていっただけのもの。実際、いまの扇風機でしたら、どこのメーカーのものでもほとんどの製品が省エネ」

「チェックしてほしいのは、ワット数ですね。(中略)単純に、『ワット数=風力』ということなんですよ。ですから、広い部屋で使用する場合や、エアコンとの併用ではなく扇風機のみで過ごす場合には(中略)47Wぐらいあるほうが良い」

この辺はちょっと意外でした。
扇風機のワット数なんて考えたことなかったなぁ。
なんとなく羽根の大きさで風量が決まるような気がしてました。
扇風機といえばローテクのイメージですが、こうやって見直してみると面白いものですね。
[PR]

by keibi-in | 2009-08-25 06:56 | 雑感  

思わぬ再会

先日、警備の求人を見ていて、某社の写真に目が止まりました。
写っていたのは見覚えのある顔。

警備業務検定の特別講習で一緒になった警備員氏でした。
いくらかお話もしましたし、特徴のあるかただったので、よく覚えていたんです。
実技の訓練では、氏の声があまりに大きいので、離れた場所にいても聞こえてくるのは氏の声ばかりだったりして(笑)。

特別講習で一緒になった人たちとは、まさに一期一会です。
みんな違う会社ですから、講習が終わってしまえば、会う機会なんてまずありません。
それがまさか、こんな形で再びお顔を拝見することになるとは!
っても、こちらにとってだけですが(笑)。

求人の写真に載っちゃうとは、ビッグ(?)になられましたなぁ。
相変わらずうだつの上がらない私は、なんだか置いてきぼりを食らっちゃった気分です。

そういえば氏は検定に合格したのかな。
一緒に練習していただいたかたの名前ぐらいは、うかがっておくべきだったかも。
今更ながらに、そんなことを思ったのでした。
[PR]

by keibi-in | 2009-08-24 01:05 | 警備  

そろそろ

売り場を見ていると、ブランドやモデルによっては、マスクが品切れを起こしています。

私個人としては、オイルショックの際のトイレットペーパーと同じだと思っています。
消費者が落ち付いて行動しさえすれば、マスクも品薄にはならないのでしょう。
ただ、これを機にまた買い溜めて高く売ろうという輩が出るであろうこと、これから秋・冬と長く流行しやすい季節に入ることから、現実問題として品薄は避けられそうにありません。

前回のマスク不足の際、緊急輸入されたものには粗悪な品が多かったとか。
今ならまだ実用に耐えるものが、通常の価格で入手できます。
お年寄りや小さなお子さんのいるご家庭は、対策を急がれたほうがいいでしょう。

警備の皆さんは、備蓄はもうお済みですか?
このままなら、遅かれ早かれ施設や雑踏の警備ではマスクが必要になるでしょう。
前回の経験から、会社が調達できないぶんを個人でフォローさせられる可能性は高そうです。
備えはお早めに……。
[PR]

by keibi-in | 2009-08-23 06:09 | 雑感  

親子連れで不正

『女子高生集団暴行:16~41歳の男女8容疑者逮捕 福岡』 (毎日jp)

なんでこうなる、と言わざるを得ない事件です。
態度が気に入らないからと、大人が率先して子供を包丁で脅迫、集団暴行のうえ強姦。
昔は子供の喧嘩に親が立ち入ることですら、格好悪いとされていたものですが……。

この記事を見て改めて感じたのが、子供連れでマナー違反や不正を働く親が増えたこと。
信号無視や駐車場のゲートバーをくぐる行為は、警備中に頻繁に見掛けます。
親がまずやって、そのあとに子供が続くんです。

上の事件に比べればかわいいものですし、実際深く考えずに軽い気持ちでやってるんでしょう。
親がついていれば、一応の危険は回避できるのかもしれない。

でもいつだって親が一緒にいてやれるわけじゃありません。
そして子供は親がいなくたってやるようになります。
親がやるというのは、子供にとって、お墨付きを与えられているようなもの。
小学生ともなれば親の同伴なしで出歩くようになるので、子供だけで危険な真似をします。
こちらが肝を冷やす場面も珍しくありません。

子供の前では、建前って大切だと思います。
車が来ていないのに信号待ちは面倒臭いとか、ゲートぐらいくぐってもいいじゃないかという大人の本音は、わからないでもありません。
でも子供に状況を踏まえてそうしろというのは無理な話ですし、注意力が限定的なのが子供。

子供を大切に感じるなら、彼らが見ているところで不用意な真似はしないであげてください。
それも子供を事故から守るということだと思います。
[PR]

by keibi-in | 2009-08-22 02:02 | 雑感