<   2010年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

ゴム長セミオーダー

先日こんな話をさせていただきましたが、調べてみればあるものですね。
『ハトブーツ工房』 (シバタ工業株式会社)

安全ゴム長がセミオーダーできるそうです。
先芯なしにも対応してもらえるとか。

さすがに一足1万2千円からとお高いですが、仕事などでどうしても長靴が必要で、
既製品では幅や甲、ふくらはぎなどが合わないというかたには
充分に選択肢たりうるのではないでしょうか。

私ですか?
いやー、仕様的にもお値段的にもちょっと本格的すぎて……(汗)。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-31 06:04 | 雑感  

リンクは難しい

友達と「どうすればブログの読者を増やせるか」という話になる。
以下、青字は友達緑字は私

「まずはリンクをいっぱい張ってもらうことじゃない?」
「むーん、内容に自信があるわけじゃないからなぁ」
「自信なかったら駄目なのか?」
「リンク張ってもらうってのは、ある意味そこのお墨付きをもらうわけじゃん。
 なのにリンク先がショボかったら、リンクを踏んだ人に
 お墨付きをくれた人のセンスを疑わせちゃうかもしれないっしょ?
 そう思うとこちらから張ってくださいとは言い出しにくいよ」

「よそにコメント残すときにリンク入れとけば?」
「今までURL入れてこなかったのに、いまさら入れるようにしたらやらしくない?」
「なら男らしく内容で勝負しろ」
「やっぱそれか……。具体的には?」
「まず殺風景なのやめ。画像バンバン入れて、警備関係はもっとギリギリの話題を(以下略)」

ごめん、今でも結構いっぱいいっぱい。
ってか後半は絶対無理。やったらクビ(涙)。

「そんな調子でアクセス増やせるわけないだろ」
「いや、アクセスを増やしたいんじゃなくてさ。増やしたいのは読者な」
「意味わからん」
「アクセスをたくさん稼げたって、警備に理解のない人が増えたらキツいじゃん。
 今読んでくれてるようないい人たちが集まってくれると嬉しいなあと思って」

甘 え ん な(殴)」
(涙)……リンクを張るのって難しいのな……」
「それ違うから」
[PR]

by keibi-in | 2010-05-30 00:31 | 雑感  

職務上の責任

ここ数日のニュースを見て感じたこと。
「誰にでもいい顔はできない」

警備で迂回をお願いすると、不平を言う人が必ず出ます。
何らかのショートカットになるようなコースならなおさら。
こちらとしても、ご老人や身体に障害のあるかたを止めるのはとても心苦しい。
警備なんてカカシだと言う人もいますが、
感情も思考もなく「決まりだから」で一律に拒絶できればどれだけ楽か。

「私が見てない間に、くれぐれも気をつけて通ってください」と
耳打ちしたことは一度ならずあります。
でも、それはやっぱりやってはいけないこと。
例外を認めていったら、保安の意味がなくなってしまいます。

それで罵詈雑言を浴びせられることもしばしば。
正直こたえます。気持ち的には通してあげたいのに!って。
それでもなお、その場しのぎで耳障りのいいことを言ってちゃ駄目なんですね。
そうして期待させた相手を裏切れば、余計に傷つけることにもなる。

その善し悪しがどうであれ、毅然とした態度で臨まねばならない場面はあります。
たとえ毛嫌いされようと、必要とあれば心を鬼にする。
それは職務上の責任でしょう。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-29 01:56 | 雑感  

思い出を持ち帰ってもらう仕事

奇跡体験!アンビリバボー』で、明石の歩道橋事故について触れていました。
(当日の番組内容はこちら
ある程度の知識はあるつもりでしたが、知れば知るほどひどい事故。
番組は警察の糾弾が中心でしたが、警備に携わる者として慚愧にたえないものでした。

特に、当時の明石署署長が発言したという「雑踏警備なんてなにをするんだ」には愕然。
(2010/6/1追記 元署長の発言内容に誤記がありましたので、お詫びして訂正します。
 正しくは「雑踏警備って何するんだ? 何もすることないやろ」でした)
大勢のみなさんに楽しい思い出を持ち帰ってもらう、大切な仕事でしょう!?

ロマンチシズムで言っているのではありません。
事件事故の未然の予防は、起きてしまったそれらの犯人を検挙するより大切なことです。
警察で言えば、交番業務は無意味でしょうか? そんなことは絶対にありません。

祭以前から既に危険性を指摘されていた、駅と会場を結ぶ唯一の連絡路だった当該歩道橋。
往路と帰路を分けることすらしていなかったなど、もはや手抜きというレベルではありません。
未必の故意に問うことはできないのかとさえ思います。

元副署長の起訴で被害者遺族に光が差した、と番組は無理やり締めくくってましたが、
遺族に光が差すことはありません。失われた家族は決して帰らないのですから。

残された私たちが、亡くなられた皆さんの犠牲を無駄にしないようにする。
事故に学び、二度と同じような事態を招かない。
わずかでも報いることができるとすれば、それしかありません。

以前から雑踏警備に就きたいと考えていましたが、現在の会社では基本的にできず、
本格的にやるなら会社を変えるしかないというジレンマを抱えていました。
最近アンビリを見ることはあまりなかったのですが、
たまたま見た内容がこれだったのには、なにか暗合を感じずにいられません。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-28 06:29 | 雑感  

絹の替え歌

忙しいときに限って、後でもできる作業を始めてしまうことってないですか。
たとえば掃除だったり、料理だったり。
今回、私はパソコンの音楽ファイルの整理にハマりました。

そして見つけた、夏木マリの『絹の靴下』。
こんなの入れてたっけ……と思いながら聞くうちに、替え歌が頭に浮かんできました。
警備をネタにしています。YouTubeを再生しながらお楽しみください。

夏木マリ 絹の靴下 (YouTube)

『警備の制服』
トラブルはそのとき生まれた 私は我慢できない
上客を気取った万引き 巧妙すぎる犯行
もうイヤ! 夏の制服は わたし汗疹にする
ああ 吼えてぇ 獣のように
怒りの私に 火がついて

憤懣を無理やり閉じ込め 私は我慢できない
ゲロのうえ転がる酔いどれ なにより嫌う私よ
もうイヤ! 警備の合羽は 冷たく濡れてくる
ああ キレてぇ 嵐のように
クレーマー揺さぶる 口ぶりで


……なにやってんだ、俺。
替え歌を必死に考える時間があったら他のことしろっつの(汗)。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-27 13:10 | 雑感  

ガリガリ・プルプル

ガリガリ君リッチ コーヒーゼリーミルク味
赤城乳業のガリガリ君シリーズの新フレーバーです。
なんて長い名前だと思いながらネタ半分に購入。
んが、これがうまかった!

まさか氷のガリガリ感ゼリーのプルプル感を両立できようとは。
ボリューム的にはどちらも若干物足りないかな。
サイズ的に難しいのかもしれませんが、氷もゼリーももっと入ってて欲しい!

商品としての売りは上記の新食感なのでしょうが、私が推したいのはコーヒーの味。
甘すぎず渋すぎず苦すぎずで実にいいバランス。
『ミルク味』とつけるだけあって、コーヒーフレッシュをかけたゼリー的です。

勤務中にアイスクリームや氷の売り場を聞かれることが多くなってきました。
これからの時季にオススメのアイスです。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-26 02:55 | お気に入り  

口蹄疫詐欺にご注意

『口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査』 (毎日jp)

口蹄疫を口実に、人の善意をふみにじろうという輩が現れました。
畜産家への義援金を名目に金を騙し取ろうとしたようです。

早速と言いましょうか……こういう悪事を思いつく素早さには呆れます。
その知恵と機敏さを社会の役に立てれば、救われる人も少なからずいるでしょうに。
残念でなりません。

今回は未遂に終わりましたが、同様の手口を使うものは今後も現れると思われます。
被害に遭われている方々へ弱みにつけこんで追い打ちをかけてくるケースもあり得るでしょう。
くれぐれもご注意を。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-25 01:15 | 雑感  

雨天の運転

この2日ほどは梅雨を先取りしたような天気でした。
駐車場の警備中、ヒヤリとする光景を何度か目にしました。

車・バイクの雨天走行時の注意点というと、
真っ先に視界やブレーキ性能、路面状態の悪化が挙げられます。
これらは言うまでもなく危険要因ですが、
同じぐらい意識していただきたいのが歩行者の挙動の変化

横断歩道でなくても歩行者が頻繁に横断するポイントはあります。
ドライバーのかたならよく通る道のそういった場所は頭に入っていると思いますが、
イメージができあがっているほど雨天時には危険だったりします。
たとえば普段なら考えられない場所から飛び出してきたり、
車道に出たあとに奇妙な動線を描いたりと、まるで違う動きをすることがあるからです。

傘を持っていない歩行者は、濡れたくないあまり
いかにコースをショートカットするかだけを考えがちです。
普段なら危険とわかっている場所でも見切りで走ったりしますし、
傘があれば視界が狭められていたり、風で煽られたりもします。
帽子を飛ばされて咄嗟に追うなんてことも。

さらに水溜まりをよけたりするので、まっすぐ歩いてくれると限りません。
転倒の可能性も上がっていますし、足下に気を取られているぶん、
周囲への注意は散漫になっています。

徐行が基本の駐車場内でも油断は禁物です。
駐車場では晴天でも車両や障害物の間から歩行者が飛び出しがちですが、
なおその確率が上がります。短距離だからと傘があっても差さずに走る人は多い。
駐車場内でも結構なスピードを出すドライバーは間々見掛けますが、
雨天の日は特に、くれぐれも慎重な運転を心掛けてくださいね。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-25 00:59 | 雑感  

がっぽこがっぽこ

昨日は一日を通して雨でした。
一時的に弱まったりすることもなく、しっかりがっつり降りっぱなし。
こちらはちょうど雨靴購入に失敗したところ。
一応合皮の靴を履いていったんですが、立哨して30分も経つと中は水浸しに……。

歩くとガッポコガッポコ音がして、湯船に漬かったときみたいに履き口から水があふれます。
乾いた場所ではすっかり怪しい足跡メーカー
合羽からもボタボタ雨水垂れまくりなので、うかつに店内を歩けなくなってしまいました。
外から回れるところはそうしましたが、それだけでは仕事にならないわけで、
清掃係さんの冷たい視線に内心ヒヤヒヤ。そんな目で見ないで……。

2時間も経つと朝からまったく日が差してないこともあり、足から冷えてきます。
合羽の内側に結露するのと重なると、昨日まで夏みたいだったのが嘘みたい。
ってか凍死しそう

一勤務まるまる雨というのは久々だったので、ちょっとナメてたかもしれません。
これから梅雨だし、本気で雨靴をなんとかしなければ(雨、じゃなかった、汗)。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-24 06:04 | 近況  

警備員も盗難に遭う

お客様の応対中、メモを書くのに手袋が邪魔になって外し、
なにげにショーケースの上に置きまして。
その後お客様をすぐそこまでお送りし、戻ってくるまで1~2分。

……あれ? 手袋がない。
下に落ちたかな? ……ない。
あたりを見回してもなし、落とし物として届けられてもない。
……(汗)。

     ヤ  ラ  レ  タ!

油断してたよ。そういう土地柄だった……。
実はこの現場では、前にも傘を盗られてるんです。
あのときもほんの少し目を離した間の出来事でした。
ボロいビニール傘で、まさか盗る人間がいると思わなかったんですな。

今回も特に変哲のない、ただの白手袋。
落ちきらない汚れやほつれが目立ってきて、そろそろ新品に替えようと思っていたところ。
実害はないと言っていいんですが……気分悪いわッ!
警備員のくせに盗難に遭うってのも超情けない。あたしゃ泣きたいよ。

そもそもこんなオッサンが使い古した手袋なんか盗って、なんの意味があるんだ。
タイミングから言って、私が外すところを見て盗っているはず。
警備相手のいやがらせ、なんだろうなぁ(溜息)。

これが制帽とかだと警察から大目玉を喰らうので、不幸中の幸いではありました。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-23 03:32 | 警備