タグ:制服/装備 ( 49 ) タグの人気記事

 

制帽のキンコジ解消法

以前、制帽についてこんな話をご紹介しました。
どういうわけかきちんと採寸したサイズでかぶっても、額にはふちの跡が残りがちなんですね。

大抵の人の頭は、真上から見ると前後に長い楕円です。
ところが制帽は正円
こめかみには余裕があっても前後が圧迫されて、額に跡がついてしまう。
髪に隠れているだけで、後頭部にも跡は残っているのかもしれません(笑)。

制帽の芯を頭の形に固定できればいいんですが、構造上、難しそうです。
かといって癖がつけられるような素材でもない。

で思いついたのが、つばを使う方法。
制帽のつばを正面から見て逆U字に曲げるんです。
つばの芯材は厚紙らしいので、こちらにはそれなりに癖をつけることができます。

つば部分の幅が狭くなるぶん、前方に少しゆとりができるという寸法です。
多少は額の締め付けがゆるくなりますよ!
[PR]

by keibi-in | 2010-02-18 00:44 | 警備  

立春とは寒さのピークと見つけたり

先日は立春と言いながら、一番の寒さでした。
もっとも暦の上ではもともと寒さのピークを指す言葉だそうです。
私はつい最近まで知りませんでした(苦笑)。
春の始まり、という意味は啓蟄になるんでしょうか。

予報でも冷え込みは指摘されていたので、思いっきり着込んで仕事に臨みました。
必殺の6枚重ねであります。
しかし身体はなんとかできても、顔とか足首から先はどうにもなりません。
ほっぺたは痛いしつま先から体温を奪われるしでニンともカンとも(死語)。

暑さはなんとかガマンできるほうですが、寒さは本当にダメです。
学生の頃とかは逆だったんだけどなァ……年を取ったと感じる瞬間のひとつ(涙)。
気温が頻繁に0度を切るような地方で警備等をされてるかたは、本当に凄いと実感します。
相応の装備も支給されるのかもしれませんが、顔だけは隠すわけにいきませんもんね!
[PR]

by keibi-in | 2010-02-08 03:02 | 近況  

赤いキンコジ

孫悟空が頭にはめられているあの輪っか、キンコジというそうですが……。
それはさておき、問題です。
警備員が年間でもっとも着用する日数の多い制服はどれでしょう?

夏服? 冬服?
いやいや、制帽であります。
制服じゃないだろうって? こりゃ失礼。

これはウチの会社で、私にとってはの話です。
ヘルメット着けてるよ!という人もいれば、制帽が夏冬で違ってるリッチな会社もあるでしょう。
ともあれ、ボロになるのはシャツやズボンのほうが早くても、色褪せは制帽が一番早いのです。

私の制帽ももう他の制服と色が合わなくなってきていたので、交換を頼みました。
この手のことには非常に渋いウチの会社が珍しく換えてくれたのですが……。

ン? なんかキツいぞ?

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2009-11-24 05:31 | 警備  

足首を防寒したい

きたる極寒期における防寒のキモ、それはつま先から足首にかけてだと思うのです。
屋外で立哨していると、ズボンの裾から寒気が這い上がってくるのを感じます。
バイクに乗るかたや冷え症のかたなどには実感なのではないでしょうか。

しかるにその部分の防寒アイテムたるや、本当におざなりです。
アンクルウォーマーなるものも出ていますが、薄っぺらくて効果のほどは……?
防寒ブーツや厚手の靴下は、仕事では靴が制限されていて履けない人が多いでしょう。

何かこう、いいアイテムが開発されないもんですかね。
電池をヒールに内蔵した電熱シューズとか……。
いや、やっぱり靴は履きなれたものを使いたいな。
ずっと衝撃に晒される場所だから、故障するのも早そう。

最近充電池式のカイロがありますが、あれの足首用なんて……のも無理っぽいか。
動かしにくくなるとまずい部分だけに、制約が多そうです。
しっかり防寒できるものなら、1万円だって買うのに!
[PR]

by keibi-in | 2009-11-23 02:08 | 雑感  

駐車券紛失

夜の駐車場警備でのこと。
年配の同僚が長時間ひと組のお客様にかかりっきりになっていました。
聞いてみれば、駐車券の紛失だとか。
同じくご年配のお客様と一緒になって、来た道を探したりしてたみたいです。

私は巡回の途中でしたので、続きに戻りました。
で、十数分後に同じ場所を通ると……まだやってる(汗)。

しかもお客様はヒートアップする一方。
お連れの奥様とお孫さんとおぼしき方も困惑顔を隠せません。
一旦精算機の前に車を回して、紛失手続きをして、その精算額に
「ボッタクリじゃないか!」

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2009-11-13 06:21 | 警備  

痩せて困ること

ダイエットの話を以前書かせていただきました。
この時点で痩せるのは一段落していて、以降は維持に必死になっています。
多少はリバウンドしちゃってるかも?
でも、どういうわけか今になって「痩せたね」と言われることが増えました。

なんでだろう?
もちろん嬉しいんですけどね(笑)。

でも痩せた結果、冬服に変わって困ったことがひとつ。
ジャケットがガバガバだ!

つづきを読む!
[PR]

by keibi-in | 2009-11-11 03:57 | 近況  

血染めの手袋

放置自転車の移動・整理中の話。
何十台何百台と動かしていると、汚れで手がヌメってきます。
特に雨のあとはサドル裏なんかが乾ききってなくて、ひどく汚れます。

それにしても今日はひどくヌメるなー。
そう思って手を見たら真っ赤っか!
またやってしまいました。

放置駐輪している自転車は、往々にしてメンテナンス面でも放置されています。
あちこち壊れてもそのままなので、パーツで手を切ったり刺したりするんです。

施設警備では白手袋が制服のうちです。
自転車整理でも着けてやるのが基本ということになっています。
でもそれではすぐに汚れたりボロになってしまったりで、使い物にならなくなります。
その後の接客で汚れたものをはめているわけにもいきません。

私は自転車整理などでは外すようになりましたが、当初は指示を守ってました。
結果、血染めにしてしまった白手袋が何双か……(笑)。

今回も自転車を何台か遡って見ると、結構派手に血痕がついてました。
指先って意外に出血するんですよね。
汚してしまった自転車は拭いておきましたが、見落としはあるかもしれません。
持ち主が血痕に気付いたら、心霊現象だと思うかな?

「自分一人ぐらいいいだろう」という自転車が、毎日何百台と私有地や公道を埋め尽くします。
それらは放っておけば勝手に隙間を見つけて詰めていってるわけじゃありません。
必ず誰かが肩や腰を傷め、脚をパンパンにしながら動かしています。

血痕は自転車を整理している人間の、無言の叫びなのです。
[PR]

by keibi-in | 2009-11-04 10:53 | 警備  

防寒準備よし!?

朝晩はめっきり冷え込むようになりました。
警備業の皆様、防寒の準備はお済みでしょうか?

この春以降に警備の仕事に就かれた方は、ぜひ今のうちにご用意ください。
冬場の警備員というとゴツいコートを着ているイメージですが、大抵ははっきり言って見かけ倒し
少なくとも一日じゅう屋外で立っているのに耐えるだけの防寒性はありません。

個人的には発熱下着とキルティングのインナーの組み合わせをオススメします。
手前味噌ですが、こちらも参考になるかと思います。
本格的に寒くなってからだと、品切れでサイズが選びにくくなりますぞ。

中でもイチオシはミドリ安全の『インナースーツ』。
上下セパレートのキルティングのインナーで、ホームクリーニングできるところがミソ。
作業服屋には安価なキルティングのツナギがありますが、着崩れしないのは便利でも、腰の部分がテンションで破けやすかったり家で洗えなかったりします。トイレにも不便。

ミドリ安全の直販サイトでは10/15現在、インナースーツ等の一部商品が50%オフで販売中です。
それでも上下で7000円オーバーなのはちょっと痛いですが、元は取れると思います。
私は昨冬に1枚買ったのですが、スペアを注文しました。
トップ画面左下の「カテゴリー検索」から「ユニフォーム」「防寒」の順でリンクをたどるとあります。

なお交通誘導等で服装にうるさくない会社なら、ネックウォーマーも良いですよ。
こちらは高価なものでなくても、あるとなしとで全然違います。
ただしマフラーはNGなのでご注意を! 余りの部分が受傷事故の原因になりかねません。
[PR]

by keibi-in | 2009-10-15 03:32 | 警備  

トイレとかけてテープレコーダーと解く

昨日に引き続き、制服に(ちょびっとだけ)関係する話をひとつ。
こんな記事を見掛けました。

『男性も「座っておしっこ」33% TOTOのネット調査』 (47NEWS)

ふむ、思ったより「座ってする」率は高いようですね。
下記は座る派のご意見。

『「トイレの後手を洗わず汚い」と議論になっていましたが、それよりも洋式トイレで...』
(Yahoo知恵袋)


だよねぇ、裸足だと感じるよねぇ(苦笑)。
ちなみに警備では、好むと好まざるとにかかわらず、個室で用を足す機会が増えます。

まずお客さんに現場を目撃(ぉぃ)されるのは好ましくない。
うちの会社では客用トイレは原則使用禁止、やむを得ない場合は個室でと言われてます。

さらに装備品が多い。
鍵束入れに無線に携帯電話その他小物……ジャラジャラとベルトにぶら下げたまま小便器の前に立つのは結構邪魔っけ。
せめて無線ぐらいは外さないと落ち着かないのは私だけ?

そしてなにより、冬場にさらなる物理的難関が!
ズボンの下にも2枚3枚と着こんでるせいで、準備と後始末に超手間取るのです。
個室じゃなかったら、いつまでもモソモソして不審に思われかねません……警備員なのに。

え? 心配症じゃないかって?
いやいや、過去に実際にあったクレームらしいです。
さすがにレアケースのようですが。

たかがトイレ、されどトイレ。
地味~な苦労が要求されるのでした(笑)。
[PR]

by keibi-in | 2009-09-28 03:46 | 雑感  

制服の悩み

『働く女子が語る「大人の制服ウラ話」』 (escala cafe)

記事は女性のお話ですが、いくつかは男性とも共通していますね。
「サイズがブカブカ」あたりは非常に共感できたりして。
入社当初は都合でワンサイズ大きいのを支給されたので、ほとんど七五三状態でした。
たぶん世界一制服が似合ってなかった警備員だったと思います。
(当時は今より太ってたので、自分以上のサイズがあったことに驚きでしたが!)

なにを隠そう、わたくし、もともと古式ゆかしい日本人体型であります。
身体のバランスがひどく悪い。
ゆえに今も「日本で最も制服が似合わない警備員」の、五本の指に入ると確信してます(涙)。

それにしても、みんな悩むことは一緒なんだなぁ。
私の目下の悩みは、「年次を重ねる毎に、制服が色褪せていく」、これです。
洗い替えも満足にないところへもってきて、新しいのをまったく支給してもらえない。
でも現場は外が多くて使い方もハードだし、どんどんボロになっていくっていう。

夏場は毎日洗濯しないとひどいことになりますし、支給が少ないのは結構仕事に差し障ります。
同業の皆さんはちゃんと支給してもらってますか?
[PR]

by keibi-in | 2009-09-27 05:53 | 警備