タグ:警備 ( 336 ) タグの人気記事

 

絹の替え歌

忙しいときに限って、後でもできる作業を始めてしまうことってないですか。
たとえば掃除だったり、料理だったり。
今回、私はパソコンの音楽ファイルの整理にハマりました。

そして見つけた、夏木マリの『絹の靴下』。
こんなの入れてたっけ……と思いながら聞くうちに、替え歌が頭に浮かんできました。
警備をネタにしています。YouTubeを再生しながらお楽しみください。

夏木マリ 絹の靴下 (YouTube)

『警備の制服』
トラブルはそのとき生まれた 私は我慢できない
上客を気取った万引き 巧妙すぎる犯行
もうイヤ! 夏の制服は わたし汗疹にする
ああ 吼えてぇ 獣のように
怒りの私に 火がついて

憤懣を無理やり閉じ込め 私は我慢できない
ゲロのうえ転がる酔いどれ なにより嫌う私よ
もうイヤ! 警備の合羽は 冷たく濡れてくる
ああ キレてぇ 嵐のように
クレーマー揺さぶる 口ぶりで


……なにやってんだ、俺。
替え歌を必死に考える時間があったら他のことしろっつの(汗)。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-27 13:10 | 雑感  

雨天の運転

この2日ほどは梅雨を先取りしたような天気でした。
駐車場の警備中、ヒヤリとする光景を何度か目にしました。

車・バイクの雨天走行時の注意点というと、
真っ先に視界やブレーキ性能、路面状態の悪化が挙げられます。
これらは言うまでもなく危険要因ですが、
同じぐらい意識していただきたいのが歩行者の挙動の変化

横断歩道でなくても歩行者が頻繁に横断するポイントはあります。
ドライバーのかたならよく通る道のそういった場所は頭に入っていると思いますが、
イメージができあがっているほど雨天時には危険だったりします。
たとえば普段なら考えられない場所から飛び出してきたり、
車道に出たあとに奇妙な動線を描いたりと、まるで違う動きをすることがあるからです。

傘を持っていない歩行者は、濡れたくないあまり
いかにコースをショートカットするかだけを考えがちです。
普段なら危険とわかっている場所でも見切りで走ったりしますし、
傘があれば視界が狭められていたり、風で煽られたりもします。
帽子を飛ばされて咄嗟に追うなんてことも。

さらに水溜まりをよけたりするので、まっすぐ歩いてくれると限りません。
転倒の可能性も上がっていますし、足下に気を取られているぶん、
周囲への注意は散漫になっています。

徐行が基本の駐車場内でも油断は禁物です。
駐車場では晴天でも車両や障害物の間から歩行者が飛び出しがちですが、
なおその確率が上がります。短距離だからと傘があっても差さずに走る人は多い。
駐車場内でも結構なスピードを出すドライバーは間々見掛けますが、
雨天の日は特に、くれぐれも慎重な運転を心掛けてくださいね。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-25 00:59 | 雑感  

がっぽこがっぽこ

昨日は一日を通して雨でした。
一時的に弱まったりすることもなく、しっかりがっつり降りっぱなし。
こちらはちょうど雨靴購入に失敗したところ。
一応合皮の靴を履いていったんですが、立哨して30分も経つと中は水浸しに……。

歩くとガッポコガッポコ音がして、湯船に漬かったときみたいに履き口から水があふれます。
乾いた場所ではすっかり怪しい足跡メーカー
合羽からもボタボタ雨水垂れまくりなので、うかつに店内を歩けなくなってしまいました。
外から回れるところはそうしましたが、それだけでは仕事にならないわけで、
清掃係さんの冷たい視線に内心ヒヤヒヤ。そんな目で見ないで……。

2時間も経つと朝からまったく日が差してないこともあり、足から冷えてきます。
合羽の内側に結露するのと重なると、昨日まで夏みたいだったのが嘘みたい。
ってか凍死しそう

一勤務まるまる雨というのは久々だったので、ちょっとナメてたかもしれません。
これから梅雨だし、本気で雨靴をなんとかしなければ(雨、じゃなかった、汗)。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-24 06:04 | 近況  

警備員も盗難に遭う

お客様の応対中、メモを書くのに手袋が邪魔になって外し、
なにげにショーケースの上に置きまして。
その後お客様をすぐそこまでお送りし、戻ってくるまで1~2分。

……あれ? 手袋がない。
下に落ちたかな? ……ない。
あたりを見回してもなし、落とし物として届けられてもない。
……(汗)。

     ヤ  ラ  レ  タ!

油断してたよ。そういう土地柄だった……。
実はこの現場では、前にも傘を盗られてるんです。
あのときもほんの少し目を離した間の出来事でした。
ボロいビニール傘で、まさか盗る人間がいると思わなかったんですな。

今回も特に変哲のない、ただの白手袋。
落ちきらない汚れやほつれが目立ってきて、そろそろ新品に替えようと思っていたところ。
実害はないと言っていいんですが……気分悪いわッ!
警備員のくせに盗難に遭うってのも超情けない。あたしゃ泣きたいよ。

そもそもこんなオッサンが使い古した手袋なんか盗って、なんの意味があるんだ。
タイミングから言って、私が外すところを見て盗っているはず。
警備相手のいやがらせ、なんだろうなぁ(溜息)。

これが制帽とかだと警察から大目玉を喰らうので、不幸中の幸いではありました。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-23 03:32 | 警備  

犬とにらめっこ

施設外周で犬が吠えて怖いとクレーム。
駆けつけてみると、ポールに中型の雑種が繋がれていて、ギャンギャンうるさいのなんの。
なんでこんな躾のできてない犬を、わざわざ人が通るところに繋ぐかな!
つい昔あったトラブルを思い出したりして。

こんな バカ犬 ワンちゃんでもお客様の所有物。安易に移動させたりはできません。
手を出してこっちが噛まれるのも御免です。
通るお客様のほうに注意喚起と迂回のお願いをするしかないか……。
なんで不心得者のためにちゃんとしたお客様に不便をかけなきゃならんのかと溜息。

つい睨みつけると、なぜか吠えなくなりました。
そこからは犬とにらめっこすることに(汗)。
お客様から見たら「なんじゃありゃ」でしょうな。
いい羞恥プレイだよ。トホホ。

折しも、こんな事件が起こっています。
『ドーベルマン、散歩中のトイプードルかみ殺す』 (YOMIURI ONLINE)
噛みつかなくたって、吠えられた子供やお年寄りが怪我をする可能性はあります。
にらめっこも立派な警備員の仕事……のはず、多分。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-21 05:09 | 警備  

不幸を最小限にとどめるために

春はよくわからない人が増える。
そんなことを書いた矢先の事件でした。

『小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」』 (msn産経ニュース)

常人の思考の及ばない人については、正直『君子危うきに近寄らず』しかありません。
これは警備についても同様で、刃傷沙汰ともなれば警察のご厄介になるしかない。
しかしそこに至るまでに警備がしておけること、しておくべきことはあります。
今回はその確認を……。

確認する
[PR]

by keibi-in | 2010-05-19 03:21 | 警備  

不審者の正体

商業施設のバックヤードに不審者。
若い男が事務所の外の暗がりでキョロキョロ。
事務所内はちょうど無人でした。

ここは経費削減のため、裏ではあちこちの照明を落としています。
防犯的にまずいのでやめてほしいとお願いしてるんですが、そのつもりはないようで。
入金機なんかもあるので、気に掛けてたところでした。

万一の場合も警戒しつつ、心の中で気合いを入れて声掛け。
「なにかご用でしょうか?」
「あの、今日からバイトでお世話になるんですけど……」
間近に見ると確かに学生っぽい。
そうか、事務所に誰もいないからどこに行けばいいか分からないのか。

担当者と連絡を取って、間違いないことを確認。
もしかして生まれて初めてのバイトかな?
終始ぎこちない笑顔を浮かべて、見事なまでのキョドりっぷりが初々しい!
ひと月もしたら笑顔なんて見せてもらえなくなるのが警備のさだめですが(笑)。

頑張ってください!
[PR]

by keibi-in | 2010-05-17 00:44 | 警備  

不健康なハイテンション

忙しすぎて変なテンションになってくること、ありませんか。
今の自分がまさにそれです。
細切れ現場のツギハギを渡り歩くのは意外とキツい。

あーそこのおばちゃん! 自販機の前に自転車横付けしちゃ駄目よ!
……なに逆ギレしてんの? それじゃ自販機使えねぇじゃん。他のお客様に迷惑でしょ。
そんなグダグダ屁理屈言われてもね。ひょっとしてウマシカちゃん? おつむ弱いの!?

しかも自転車を隣に置き直しただけで、荷物が載せられねぇだとか
駅まで歩くのがどうとか 電波丸出し 受信感度の高ぇことを……。
こっちが笑顔浮かべてられるうちに消えな!
しまいにリミッター外れっぞゴルァ!

……ゴホン。
大変見苦しいところをお見せしました(深々と礼)。
イカンなぁ、こんなこっちゃ……。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-16 05:28 | 警備  

他人事でない事故

『中央道、トラック3人はね死亡 路肩でパンク修理中に』 (47NEWS)

この痛ましい事故は私たち警備員にとっても他人事ではありません。
交通誘導は言うに及ばず、施設の外周警備などでもヒヤリとさせられることはあります。
誘導時には柵内など安全な位置取りをするよう指導されますが、
所詮は綺麗事……現実的には危険と知りつつそこでやるしかないこともあります。

警備員と見るや意図的に突っ込んでくるドライバーもいます。
本人は冷やかしのつもりでしょうが、工事中なら路面状況の悪いことがほとんど。
タイヤを取られたり、ハンドル操作を誤ればおしまいです。
交通誘導で一番ハードなのは交通量が多く緊張感がずっと持続する現場ですが、
それでも慣れることなく警戒を怠らないようにしなければいけません。

ただ記事のケースにおいては、仕事ではないのですから、
自分では作業せずに非常電話などで助けを呼ぶべきでした。
高速道路での作業は職員のかたでさえ容易ではありません。
自分がどんなに気をつけたところで、車が時速100kmで突っ込んできます

パンク時点での事故は避けられていただけに、こういう結果は残念でなりません。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-11 07:57 | 雑感  

眼鏡もテクの一部です

たまの眼鏡ネタでご存知の通り、警太朗はハード・メガネラーでございます。
眼鏡がないとなーんも見えないので、仕事でももちろん使うのですが、
業務内容によって眼鏡のデザインを変えるようにしています。

警戒業務が主体のときはシャープなイメージのフレーム
誘導・案内業務が主体のときは柔らかいイメージのフレーム

具体的にはメタルフレーム、スクエア、上下幅の狭いレンズなどは前者向き。
セルフレーム、オーバル、広いレンズ、老眼鏡等だと後者に寄る感じですね。
気持ち効果はあるように感じます。

以前hiroさんがコメントくださっていたように思いますが、
コンタクトを使えるかたは、そちらでも相手の反応が違ってくるでしょう。
眼鏡選びも警備のテクニックのひとつかもしれません。
アイウェアを複数お持ちのかたは、色々試してみると良いと思いますよ。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-10 10:20 | 警備